八王子ふたば保育園
施設案内
保育内容
地域交流
子育支援

採用情報
HELP
八王子ふたば保育園の一日

保育内容のトップへ戻る

保育の方針

保育園のクラス分け

保育園の一日

登園

主活動

個別活動

給食&おやつ

午睡

降園

保育園の一年

保育者の姿勢

食育への取り組み


給食&おやつ

子どもだった頃、夕方になると母親が夕食の支度を始め、鍋や食器のたてる音や包丁で野菜を刻む音が聞こえてきて、何とも言えない良い匂いが漂ってきたものです。台所を覗き込むと忙しそうにしている母親の後ろ姿が見えました。「今日の晩ご飯はなあに?」と訊いてみたりしたものです。家族が揃って夕食の時間になると、食卓には美味しそうなご馳走が並びました。そんなに豪華な料理ではないけれど、どれもが大好きなお母さんの料理でした。「おいしい」と言って食べると、「そう?」とお母さんは嬉しそうに笑ってくれたものです。そんな食事の“原風景”をお持ちの方も少なくないのではありませんか?

“食事”は作る人と食べる人との、心と心のふれあいです。一緒に食卓を囲み、同じものを食べる人が共有する心の安らぎです。“栄養補給”や“空腹を満たすこと”も大切なことですが、それだけが食事の目的ではありません。食事の支度の音、食材が煮える匂い、焼ける匂い、そんなものを感じながら待っているとき、そのときからすでに“食事”は始まっています。そして「今日のごはんはおいしくできたわよ」とか、「今日は塩加減を間違えちゃった、ごめんね」とか、そんなことを言ってもらいながら、作り手の“思い”も一緒に口に運ぶのです。幼い頃のそんな食事の経験は、満ち足りた幸せな時間の記憶として残り、“食事の原風景”となってゆくのではないでしょうか。

八王子ふたば保育園では、そんな“食事”の在り方を大切にしたいと思っています。子どもたちの近くで食事を作り、音や匂いや、忙しそうな様子を子どもたちが感じられること、調理の担当者と子どもたちとが常にコミュニケーションを取れること、それは大切なことだと思うのです。これは八王子ふたば保育園の設立当初からの変わらぬ思いです。

すべて園内で調理
そんなわけで、八王子ふたば保育園の給食とおやつは、すべて園内の給食室で調理しています。吟味された新鮮な食材を使用し、栄養士の立てた献立に基づいて専任の調理員が調理します。当然のことですが、インスタント食品や加工食品は使用していません。おやつのケーキやクッキー、ポテトチップスなどももちろん園内で作ったものです。使用する食材もすべて信頼できる業者から仕入れています。特に野菜や肉、魚などの生鮮食品は昔から地元の商店にお世話になっています(商店主のお子さんやお孫さんが在園していたこともあります)。献立から調理までのすべてを園内で行うことは、“食”に対する安全と安心にもつながると考えています。現在では保育園の給食も外部への業務委託が可能となりましたが、八王子ふたば保育園では園内での調理にこだわり続けたいと思います。

和食中心の献立
給食サンプル
八王子ふたば保育園の給食は和食が中心です。和食と言っても“日本料理”にこだわっているのではありません。日本の食事は、ご飯、主菜、副菜、汁物という組み合わせが基本です。ご飯と“おかず”を交互に食べる“口中調味”という日本の食文化を大切にしているのです。また保育園の給食は薄味の調理で、素材の味を大切にした献立です。昔からのいろいろな行事にちなんだ「行事食」も、月ごとに工夫して取り入れています。日頃の食事と違って、行事食には子どもたちにとっての魅力がいっぱいです。最近の家庭の食卓では昔から受け継がれてきた食文化にふれることも少なくなってきましたが、「食」を通して日本独特の文化を伝承してゆくことも子どもの人格形成の上で大切です。保育園の給食がその一端を担うことができれば嬉しいと思います。

ひとりひとりに食事指導
給食
八王子ふたば保育園では、皆が揃って一斉に「いただきます」と食べるわけではありません。小さい子や早く登園した子から順番にランチコーナーで食べます。消毒液で手を洗い、給食室とランチコーナーとの間に設けられたカウンターで給食を受け取り、自分で席に着いて食べます。子どもたちひとりひとりに直接配膳しますので、常に温かい食事を提供できます。またそれによって子どもたちひとりひとりに食事指導をすることができ、保育者だけでなく栄養士や調理員も含めた全職員で子どもたちの食事の様子を把握し、子どもたちの体調管理に役立てることができるのです。食べ終わると、子どもたちは決められた場所まで自分で食器を片付けます。きちんと片付けるまでが“食事”なのです。

食事のマナーも大切に
給食
「保育園の給食なんて、どうせ先割れスプーンで食べるんでしょ」なんて思っていませんか。とんでもない。八王子ふたば保育園の給食はお箸で食べます。日本の食文化は箸を使うことを前提に育まれてきました。箸の使い方、箸を使う食事のマナーも日本の食文化とともに長い年月をかけて育まれ、伝統となってきたものです。箸使いのマナーや食事のマナーは、食べ物を大切にする、バランスよく栄養を取る、他人に不快な思いをさせないなどの理由から私たち日本人が身に付けてきた知恵です。きちんとした箸使いを覚え、食事のマナーを大切にすることは、“食べる”ことを大切にし、ひいては“生きる”ことを大切にすることへとつながってゆくと考えています。

さすがに1歳児はお箸を使えませんが、それでもきちんと“自分で”食べます。2歳児からはお箸を使います。1歳児でもお箸に興味を持ち、使いはじめている子もいます。

給食サンプルを展示
給食サンプル
給食とおやつのサンプルを玄関脇に展示して、お迎えの保護者の方たちにご覧いただいています。毎月の献立はもちろん各家庭に配布していますが、百聞は一見に如かず、子どもがお昼にどんなものを食べたのか、サンプルを見れば一目瞭然、保護者の方も安心です。これを見て家庭での献立の参考になさっているお母さんもいるとか、いないとか。

八王子ふたば保育園ではアレルギーに対応した除去食、代替食を実施しています。実施に当たっては医師の診断書、指示書が必要になります。
「食育への取り組み」もご参照ください。

Copyright (c) Hachioji-Futaba Hoikuen.  All Rights Reserved.