八王子ふたば保育園
施設案内
保育内容
地域交流
子育支援

採用情報
HELP
八王子ふたば保育園の保育

保育内容のトップへ戻る

保育の方針

保育園のクラス分け

保育園の一日

保育園の一年

保育者の姿勢

食育への取り組み

食育への取り組み

近年、食の乱れが指摘されています。就学前の幼児期は食事のリズムの基礎を作る大切な時期です。大人になっても健やかな生活を送るためには、幼児期から「食を営む力」を養う必要があります。厚生労働省では「楽しく食べる子ども」を目指して、子どもたちの食べる意欲を大切にし、食体験を広げることを推進しています。平成17年には食育基本法が制定され、施行されました。

八王子ふたば保育園では「食育」という言葉があちこちで聞かれるようになる以前から、いや、保育園を始めてからずっと、「食」の大切さを考え続けてきました。生きることの基本としての“食”に興味を持てるよう、子どもたちに様々な体験をさせてきました。栄養や健康に関する本を読む、食べ物の名前を知る、五感を使い野菜を知る(触った感じ、香り、音など)、栽培や収穫を体験する等々、食べ物に関するすべてが「食育」です。八王子ふたば保育園では「食べることを大事にし、大切さや楽しさを知ることで生きる力とする」、「食育を通して、身体の栄養と心の栄養を豊かにする」ことを目標に、さまざまな場面で「食育」に取り組んでいます。

子どもたちもクッキング
子どもたちもクッキング
子どもたちも給食の準備のお手伝いをします。お米を研いだり、野菜を切ったり、皮をむいたり、玉子を割ったり、サラダのドレッシングを作ったり、おにぎりをつくったり、いろんなことをやっています。子どもたちは楽しそうです。調理したものはその日の給食で出ます。自分たちが手伝った料理は特別美味しいようです。保育園で覚えたことは、家に帰ってもおうちの人と一緒にやっているようです。親子で料理をするのは楽しいですね。中にはおにぎりの作り方がとっても上手になって、お母さんより上手な子どももいるとか。

野菜を栽培
野菜を栽培
園庭の隅で、プランターで野菜を育てています。ナスやキュウリ、トマトなど、子どもたちが世話をして育てます。芽が出て、生長し、花が咲き、実をつける、その様子をみんなで観察し、実った作物は給食で食べます。今はスーパーの野菜売場に行けばどんな野菜でも季節を問わず買える時代です。自分たちが食べている野菜がいつ、どんなふうに育ち、実るのかを自分の目で確かめるのは良い経験です。思うように実らないときも、それもまた良い経験です。野菜も生きていることを知り、人間は自然の恵みを食べているのだということを実感することは大切なことです。



Copyright (c) Hachioji-Futaba Hoikuen.  All Rights Reserved.