八王子ふたば保育園
施設案内
保育内容
地域交流
子育支援

採用情報
HELP
八王子ふたば保育園の一年

保育内容のトップへ戻る

保育の方針

保育園のクラス分け

保育園の一日

保育園の一年

入園・進級式

親子遠足

夕涼み会

夏祭り

体育発表会

秋の遠足

作品展

もちつき

墨の遊び展

発表会

年長児お別れ遠足

卒園式

保育者の姿勢

食育への取り組み


体育発表会

体育発表会
十月の初めには「体育発表会」を実施します。「運動会」ではなく「体育発表会」、名称にはちょっとこだわりがあります。八王子ふたば保育園では“立派な運動会を見てもらうため”の特別な練習などはしません。八王子ふたば保育園の「体育発表会」で見ていただくことは、かけっこもダンスも、器具を用いた体操も、すべて普段の保育の中でやってきたことです。普段の保育の中で身体を動かしてきたことの成果を、その集大成として、保護者の方々に見ていただく、すなわち“発表”するのです。ですから「体育発表会」です。

八王子ふたば保育園の「体育発表会」は、順位を競ったりはしません。玉入れや棒引きなどの競技でも、勝ち負けにはあまりこだわりません。跳び箱で誰が一番高く跳べたかということは重視していません。子どもたちの身体の発達はそれぞれです。競ってみても意味がありません。それよりも、子どもたちひとりひとりが懸命に頑張っている姿を見て欲しいと思います。かけっこで一緒に走った相手より速かったことより、全力で走り通したことを誉めてあげてください。跳び箱で4段跳べる子がいるのにうちの子は3段しか跳べないと思わずに、3段も跳べたと誉めてあげてください。去年まではできなかったことが今年はできるようになった、そのことを誉めてあげて欲しいと思います。がんばったね、よくできたね、と声をかけてあげてください。自分が一生懸命に頑張った姿を家の人に見てもらい、誉めてもらう、そのことで子どもたちは自分が認められていることを実感し、自分に自信を持ち、より大きく成長してゆくのです。

メイポールダンス
毎年、「体育発表会」の最後を飾るのは恒例となった“うさぎ組”のメイポールダンスです。メイポールダンスはイギリスの伝統舞踊で、中心に立てた柱の上部からリボンを垂らし、そのリボンの端を持って柱の周りをまわりながら踊るものです。右回りの子どもたちと左回りの子どもたちが互いのリボンの下をくぐってゆくことで柱の上部には次第にきれいな模様が編まれていきます。このメイポールダンス、簡単に見えますがなかなか難しいのです。皆の息が合わないと、きれいな模様を編みあげることができません。こればかりは練習をします。でも子どもたちは一生懸命です。小さい頃から見ていて憧れていた“うさぎ組”のメイポールダンス、今年はいよいよ自分たちの番なのです。がんばります。メイポールダンスをうまく踊ることが、“八王子ふたば保育園うさぎ組”の誇りなのですから。

「体育発表会」は保育園の園庭で行います。狭い園庭ですが、工夫して行っています。「広いグラウンドを借りて行ってはどうか」とのご意見をいただくこともありますが、子どもたちが普段の保育で活動している園庭だからこそ、過度に緊張することもなく、自然な姿で身体活動を行うことができると考えています。

Copyright (c) Hachioji-Futaba Hoikuen.  All Rights Reserved.