八王子ふたば保育園
施設案内
保育内容
地域交流
子育支援

採用情報
HELP
八王子ふたば保育園の地域交流活動

地域交流活動トップ

世代間交流

盲学校との交流

小学生行事

育児体験受入れ

保育体験

盲学校との交流

同じ町内にある盲学校の幼稚部との交流保育を実施しています。盲学校との交流保育は原則として週に一回の頻度で設けています。月に一度、年長組の子どもたちが盲学校へ出かけて行き、他の週には盲学校の子どもたちが保育園にやってきます。また互いの体育発表会(運動会)のときにも参加しています。近隣であることの利点を生かし、保育園と盲学校を互いに行き来し合いながら、一緒に活動することにより、お互いの理解を深め、設備等を提供し合い、活動内容を豊かなものにしています。

盲学校との交流
保育園の子どもたちと盲学校の子どもたち、子ども同士はすぐに打ち解けて仲良くなります。盲学校の子どもたちに視覚の障害があることは、子どもたちの間では何の“障害”にもなりません。保育園では、それを“子どもたちのバリアフリーな心”と呼んでいます。成長してゆくにつれ、子どもたちはさまざまな人たちと出会うことでしょう。いつまでも“バリアフリーな心”を持ち続けていって欲しいと願っています。

交流保育のために盲学校を訪問すると、盲学校の広いグラウンドやプールも使わせてもらいます。保育園の園庭は決して広いわけではありませんので、学校の広いグラウンドを使わせてもらうのは嬉しいことです。夏になるとプールを使わせもらいますが、盲学校の高等部の先生が指導してくださることもあります。盲学校のプールに慣れていると、小学校に上がったときに学校のプールで戸惑わずにすむ、というメリットもあるようです。

Copyright (c) Hachioji-Futaba Hoikuen.  All Rights Reserved.