八王子ふたば保育園
施設案内
保育内容
地域交流
子育支援

採用情報
HELP
八王子ふたば保育園の一年

保育内容のトップへ戻る

保育の方針

保育園のクラス分け

保育園の一日

保育園の一年

入園・進級式

親子遠足

夕涼み会

夏祭り

体育発表会

秋の遠足

作品展

もちつき

墨の遊び展

発表会

年長児お別れ遠足

卒園式

保育者の姿勢

食育への取り組み


作品展

作品展
子どもたちは日常の保育の中でさまざまなものを描いたり作ったりします。紙を折る、ハサミで紙を切る、絵の具で色を塗るといった基本的なことから始まり、いろいろな素材を使ったり、さまざまな手法に挑戦して作品作りをします。毎年11月には子どもたちの作ったさまざまな作品を保育室内に展示し、保護者の方々にご覧いただいています。

大人の世界では速いことが良いとされたり、見栄えのするものだけが評価される時代ですが、子どもの世界は違います。作る過程に意味があります。作ろうとする物のイメージを描き、ひとつひとつ自分の手を使って組み立て、仕上げていきます。出来上がるまでの子どもたちの気持ち、あるいは上手にできたときの喜び、少し失敗したときの悔しさ、すべてが作品に込められています。それぞれの作品の中の、子どもたちの心も見て欲しいと思います。


作品展 作品展
左の写真は4歳児の作品で、木の枝に毛糸を渡し、編んだものです。上手にできています。右の写真は5歳児の作品で、ハンバーグと付け合わせの野菜(ニンジン、インゲン、キャベツの千切り、レタス)、デザートのプリンを紙で制作したものです。おいしそうですね。


Copyright (c) Hachioji-Futaba Hoikuen.  All Rights Reserved.